kahorin

生薬と漢方処方

生薬「杏仁」「巴豆(はず)」で、有名になった漢方医のお話し

漢方の本場、中国になかった処方を考え出した日本の優れた漢方医には華岡青洲先生や吉益東洞先生をはじめ、たくさんの名医がいらっしゃいますが、今回はその中のお一人、原南陽(はら なんよう)先生のお話しを少しご紹介します。 原南陽先生のご紹介 17...
生薬と漢方処方

『春の妖精』を目覚めさせるオウレン属(Coptis)

早春のひとときだけ地上部に葉を出し、花を咲かせたかと思うと夏前には跡形もなく地上から姿を消す植物、例えばカタクリ、セツブンソウ、イチリンソウ、ニリンソウ、フクジュソウ、エゾエンゴサク、ツルネコノメソウなどなど、これらの植物はスプリング・エフ...
誰かに話したくなる植物のお話

Happy Holidays!

中世のドイツでは、モミの木(マツ科モミ属の常緑針葉樹 Abies firma)には小人(こびと)が宿るという伝承がありました。小人たちは、森の番人として植物や動物たちを守り、また人間にも親切で、時には願いを叶えてくれるとも言われていました。...
植物観察会

2023年秋 植物観察会(京都御苑)を終えて ③

2023年秋 植物観察会(京都御苑)を終えて② の続きです。 植物観察会とても楽しかったです。ドングリの殻斗、色々種類があるんですね。今後はドングリを見かけたら殻斗に注目してみようと思います。アオギリのお話も神秘的で興味深かったです。今回の...
植物観察会

2023年秋 植物観察会(京都御苑)を終えて ②

2023年秋 植物観察会(京都御苑)を終えて ① の続きです。 日曜日はとてもいい時間を過ごさせていただきました。9月に植物園をご案内いただいたとき、御所も行ったのですが植物さんをどう見たらいいのかわからず、なんとなく眺めていました。本や写...
植物観察会

2023年秋 植物観察会(京都御苑)を終えて ①

11月26日(日)の午後、この季節にしては温かく、絶好の散策日和でした。遠方からもご参加頂き、この場をお借りして、心よりお礼申し上げます。 京都御所・京都仙洞御所を囲む京都御苑は、京都の中心地にある、四季折々の豊かな自然を満喫できる広大な国...